大人のコモノ集め

大人のコモノを使った感想、欲しいモノ、したいことなど

アウトドア

男子ならゼッタイ持つべき!現代版10得ナイフはこんなに便利

投稿日:

男子なら一度は欲しいと思う10得ナイフ。

現在の10得ナイフは昔のものと比べ、かなり進化しています。

今や15、20得が当たり前となっており、素材も進化していて小型化し、さらに価格も安くなっているんです。

10得ナイフは今ではマルチツールとも呼ばれ、便利な機能が満載です。

ナイフ、ハサミ、ドライバー、缶切りといった機能から、爪切りやペンチ、コルク抜きなどの機能がセットになっていて、緊急時だけでなく日常の生活にも使う機会は多いです。

特にアウトドア派の方には持っていて良かった、と思うケースがあるはずです。

具体的にどのような時にマルチツールが使えるのかをまとめました。

マルチツールはアウトドアで役立つ

アウトドアで食事をする時にはマルチツールがあると便利です。

現地で採れた食材をナイフで持ち運びしやすい大きさに切ったり、釣れた魚を捌いたりといっった使い方ができます。

またレトルト食品の封を切るときにも小さいナイフがあれば便利です。

海外製品の缶詰を開ける時には缶切りが必要なことが多いです。

アウトドアで活動する時にはなるべく荷物は少ないほうが良いので、便利な機能の詰まったマルチツールは持ち運びがしやすく、しかも頑丈で壊れにくいので安心できます。

バッグの中には必ず入れておきたいですね。

マルチツールは海外旅行の必需品

海外で宿泊する際に、ミニキッチンで少量の具材を切りたい時には小さなナイフがあれば便利です。

また宿泊先に届いた荷物の紐を切りたい時にはハサミが活躍します。

海外の缶詰は日本のようにプルタブはついていないのが当たり前なので、缶切りは必要です。

段ボールを切りたい時にもナイフが活躍します。

長期滞在する時には爪切りがあるとストレスを感じません。

ワインの栓を抜きたい時にも重宝しますね。

毛抜きは意外と使えます。

ちょっとしたことではありますが、海外で生活する上で様々なシーンで役に立ってくれるマルチツールは「あって良かった」と思うことが意外とあるものです。

仮に使う機会が無かったとしても小型で軽量なのでマルチツールを負担に感じることは無いでしょう。

緊急時や災害時にマルチツールがあれば安心

いつも身の周りにあるものが使えなくなった時に、マルチツールが1本あれば困った時に活躍してくれそうです。

ナイフ、ハサミ、ドライバー、などは必要となる場面があると思います。

またトゲが刺さった時には毛抜きがあれば便利です。

指が入らない場所の何かを取り出すにはカギ型のフックがあると取り出せるでしょう。

避難所での共同生活時には缶切りやピンセットやハサミなどが役立ちます。

 

現代版10得ナイフ、マルチツールまとめ

男子が小さい頃から欲しかった10得ナイフは、大人になった今でも欲しくなるマルチツールでした。

多くの人は何かあった時にというよりも、日常の「あ、アレがあったらいいのにな」

という時に役に立つ、気の利いたアイテムとして使用しているようです。

車の中に、海外に行く時に、アウトドアにはさりげなく持って行きたいですね。

 

▶▶Amazonの評価で5つ星が連発するマルチツールはこちら

-アウトドア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした