いびき対策サポーター「キュトナ」を使ったら妻に蹴られなくなりました

小物

いびき対策にキュトナという顎サポーターを購入し、いびきを防止できるようになったのでレビューします。

どうも最近私のいびきがうるさいらしく、どうにかして欲しい!と何度も妻に言われていました。

さすがにこう何度も言われると、どうにかしないといけないと思い、数々のいびき対策を検討し、実際に試して最も良かったのがいびき防止サポーター。

いびきを解消するために検討したものは数知れず。

色々と試してみたものの、なかなかいびきは収まりませんでしたが、最もいびきを防止できたのは今回購入したCutona(キュトナ)という顎(あご)に装着するサポーターでした。

いびき対策あごサポーター「キュトナ」の優れている点は3つ。

低価格・付け心地よし・いびき防止効果絶大!

数あるいびき対策グッズの中では最も優れていましたよ。

その他にも細かいメリットやデメリットも含め、いびき対策と「キュトナ」について詳しく書いていきます。

いびきがうるさくて妻にキレられました

自分では気づきませんが、どうやら私のいびきの音はかなり騒音らしいのです。

若い頃はいびきなどしなかったのですが、どうやら40代になってからいびきが始まったようです。

それがゴウゴウと凄い音のようで、妻は私に

「なんとかして!」

と何度も訴えてきました。

そう言われても、自分のことながらいびきは寝ている間のことなので、何ともしようがありません。

自分のことながら自分が困っている訳では無かったということもあり、特に対策もせずに放置していたのです。

するとぐっすりと気持ちよく眠っている夜中の2時ごろに下半身に衝撃が走りました。

何事か?と思い起きましたが、足になにやら感触が残っています。

その感触は触られたとか、押されたような優しい感触ではなく、それよりも強い衝撃なのです。

???と、ぼんやり疑問に思いましたが、まあいいかと再び眠りにつきました。

ところが少し経ってから再び足に衝撃が走りました!

何だ!?と飛び起きると、ゆっくりとふとんの中に戻っていく妻の姿が。

足への衝撃の正体は妻だったのです。

いびきをしている人に何らかの衝撃を与えるといびきが止まりますよね。

ただ、下半身に残る感触から察するに、ゆするような優しいものではなく、明らかにイラ立ちを含んだ蹴りが入ったことは疑いようがありません。

つ、妻が怒っている・・・

ふだんは温厚な妻が夜中にキレて私を蹴るためにふとんから出て来ているのだ・・・。

もしかしたら私のいびきがうるさいために、今まで何度も身体をゆするなどしていたのかもしれません。

ですがその程度の衝撃では私が気づかなかったために、徐々に私へのアタックが激しくなっていったのだろうと思います。

これはいけない。

もう夜中に妻に蹴られたくないし蹴らしてはいけない。

ふとんからわざわざ出てきて妻に蹴らすほどのひどいいびきをどうにかしないといけない。

話によるといびきには無呼吸症候群というものがあって、場合によっては死亡することもあるらしいです。

それを聞いてさらに恐くなり、真剣にいびき対策を始めました。

いびきの原因は?

いびきの対策をするにはいびきの原因を知らなければ始まりません。

スマホでググるといびきの原因はすぐに理解できました。

いびきの原因は睡眠時に筋肉が弛緩し、気道が狭くなる。

その結果、そこを空気が通ると周囲の組織が振動していびきが起こるということ。

いびきのしくみは単純です。

ただ、どのように対策をするかが問題ですが、私は2つの方法を考えました。

1つは仰向けではなく横向きで寝ること。

もう一つは口呼吸ではなく鼻呼吸をすること。

それぞれの方法を実際にやってみました。

仰向けではなく横向き寝をしていびき対策

しかしこれは最初にやってみてすぐに無理だと分かりました。

私は元々仰向けに寝る癖があります。

眠りにつく時だけ横を向いていても、意識のない睡眠中、知らない間に仰向けになってしまいます。

当然のようにゴウゴウたるいびきをかくことになりました。

次に試したのは横向き寝まくらです。

横を向いたまま寝やすいように設計された横向き寝専用の枕ですが、結果は同じ。

いくら横向きに寝やすくなっているとは言え拘束されている訳ではないのでいつの間にか仰向けになってゴウゴウ‥です。

鼻呼吸を促進していびき対策

口ではなく鼻で呼吸をすればいびきは出なくなります。

調べると鼻呼吸を促すいびき対策グッズも豊富にあり、良さげなものもありましたが、これはちょっと・・・と敬遠したいものもあります。

まずは私が使いたくないなと思ったものからご紹介すると

鼻の穴に筒のようなものを突っ込むタイプ

強制的に鼻の穴が塞がらないようにするものだということは分かりますが、鼻に何かを入れたまま寝るなんて、とてもじゃないけど安眠できそうにはありません。

マウスピースタイプでいびき対策

どちらかというと歯ぎしり対策かと思いましたが、装着すると自然に下あごが前に出て舌が上がりやすくなり、気道が広がることによっていびき防止になるとのこと。

理屈は分かりましたが口の中に何かが入っていては安眠できないような気がすることと、飲み込んでしまわないか?吐き出してしまわないか?という不安がありました。

次に実際に試してみたものをご紹介します。

鼻テープで鼻腔を拡張していびき対策

商品名がブリーズライトだったように思います。

マラソンランナーの方がつけているのを見たことがありますが、鼻にテープを張って鼻の穴を拡張させるものです。

手軽に試すことができるので薬局で買ってきて試してみました。

確かに鼻呼吸はしやすくなりましたが、残念ながら私のいびきには効果がありませんでした。

口テープでいびき対策

口が開かないように上くちびると下くちびるをテープで閉じてしまうという単純なもの。

テープの素材は柔らかくてそれほど違和感はありませんでした。

しかも効果あり。

ただ私のいびきを完全に止めるためには口テープを2個使わなければならないためランニングコストが通常の人の倍ほどかかってしまいます。

たとえ人並みに1日1個の消費だとしても、鼻テープや口テープなどの使い捨て商品は毎日数十円、1か月だと1000円から2000円ほどかかってしまいます。

これは地味に痛い。

なぜならこれらのいびき対策グッズの購入は全て私の少ない小遣いから捻出しているからです。

もっと安くてランニングコストのかからないものはないか?

そして見つけたのがいびき防止あごサポーターCutonaキュトナ。

Cutonaキュトナは私にとって理想のいびき対策グッズでした。

いびき防止あごサポーターCutona(キュトナ)を使用した感想

キュトナは寝る前に頭からあごにかけてを覆うような形のサポーターで、寝ている間にあごの力が緩んでも口が開かないようサポートする構造となっています。

キュトナの基本性能と装着感

パッと見た感じは数本の帯が広がっているように見えて、何か複雑だなと思いましたがメインのサポートは頭の上からあごまでをぐるりと1周するもの。

その帯を基本としつつ、寝ている間にサポーターがずれないよう複数の帯があると考えると分かりやすいです。

装着の仕方は簡単で、サポーターにあごを乗せ、頭の上でマジックテープで止めるというもの。

あまり締め付けると寝る時に辛くなります。

サポーターの素材に伸縮性があるのでそれほど強く締めない方が良いでしょうね。

要するに眠っている時に口が開かなければ良いので、快適な締め付け具合を探せばよいと思います。

キュトナの使用感・肌触り・匂い

キュトナの素材は伸縮性のあるウレタン素材。

はじめはウレタンの匂いが強いかもしれませんが、不快な匂いではなかったのでそれほど気になりませんでした。

匂いが気になる方は一度洗濯してから使えばよいかと。

触った感じについては心地よいとか不快とかはありません。

通気性についてはよく考えられていて、伸縮性であることと、サポーターの1本1本の帯がそれほど太くないためか、寝ていて暑苦しいと感じたことはありません。

キュトナにはマジックテープがついているために、洗濯する時には一応ネットに入れて洗濯しますが、それほど気を遣う必要はありません。

干しても短時間で乾きます。

キュトナのデメリット

今のところ大きなデメリットはありません。

強いて言うなら寝癖が変な形につくことでしょうか。

頭のてっぺんがくしゃくしゃになってしまいます。

いびき対策にキュトナを使うようになってからの妻の感想

昨日はいびきをかいていたかどうなのか?

これは自分では分かりません。

そのためいびき対策グッズの効果を確かめるためには朝起きた時、妻に感想を聞く必要があります。

1日目の朝、キュトナをつけてどうだったかを聞きました。
「え~・・分からん」
私の期待した答えではありませんでした。

効果あったね!とか、快眠できたよ!とか言ってくれたらいいのに・・・。

次の日にも同じように私のいびきが聞こえたかどうかを聞いたところ、
「いや、ぐっすり寝てたから分からんって」
・・・結局妻の口からは「いびき治ったね」と聞くことは未だにできていません。

ですがキュトナをつけるようになってから夜中に蹴られることがなくなったことと、いびきうるさいと妻に言われなくなったことから判断するとキュトナによって私のいびきは止まっていると思われます。

いびき防止アイテムCutona(キュトナ)のレビューまとめ

鼻呼吸がメインになればいびきは収まります。

キュトナは寝ている間に口が開いてしまうことを防ぐサポーターで確実に効果あり。

締め付け具合をマジックテープで簡単に調節できて通気性もよく快適です。

洗濯も楽で手間がかからないのは奥さんも助かるでしょうね。

そして何といっても安い!というか、他のいびき対策グッズのように延々とお金がかかり続けることがありません。

価格も安くて1,000円くらいだったと思います。

いびき対策グッズを探している方は私のように回り道をせず、まずはキュトナを試してみて下さい。

家族に迷惑をかけている男性には胸を張ってお勧めできるいびき対策グッズです。

妻に蹴られなくなるサポーター「キュトナ」➡

タイトルとURLをコピーしました